PumpNews_Sep12_Vol.68
4/8

CASE STUDYインテリジェント自動給水装置Hydro MPC(手前)。水量の変化に応じた自動制御運転で、大幅な省エネと労力削減を実現ポンプ省エネ診断による最適化でコスト削減と省エネを実現「使うほどに、その素晴らしさがわかる」――グルンドフォスのポンプを導入した感想をそう口にするのは、東レ株式会社岐阜工場の水野行康さん。生産活動に必要な水や電気、空気を管理する同社の工務保全室に、コストダウンや省エネ効果を見据えてグルンドフォスの自動給水システムが採用されました。東レ株式会社 岐阜工場PUMP NEWS4

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です