99621934-01
5/64

2. 製品の説明このデータブックでは、以下のグルンドフォス製品について説明します。• 産業用ゲージ圧、差圧センサー• 標準型ゲージ圧、差圧センサーTM04 5034 2409 - TM04 7865 2410TM04 7866 2410 - TM05 4752 2512図1 グルンドフォスの圧力センサ圧力測定では3種類の圧力が使用されます:• 絶対圧力: 測定値は、真空をゼロとします。• ゲージ圧力: 測定値は、大気圧をゼロとします。• 差圧: 測定値は2 つの圧力間の差です。グルンドフォス圧力センサーの測定範囲は、ゲージ圧、差圧、また、0-100℃の温度測定が可能なゲージ圧、差圧センサーです。 これにより、グルンドフォスセンサーは、幅広い用途に適応しています。ゲージ圧センサゲージ圧センサの中心部は、圧力を電気信号に変換するセンサ・チップです。 周囲の圧力とシステム圧力の差によりセンサ・チップにひずみが生じ、ホイートストン・ブリッジのひずみゲージの抵抗値の変化に置き換えられます。 抵抗値の変化はアナログ出力信号に変換されます。 温度測定機能付きセンサは、液体温度も電気信号に変換します。圧力信号は温度変化の影響のため、温度補償されて直線化されます。差圧センサ差圧センサの中心部は、差圧を電気信号に変換するセンサ・チップです。 チップの表裏の2面に加えられるシステム圧力の差、つまり差圧はセンサ・チップのひずみを生じさせます。 これはホイートストンブリッジにあるひずみゲージの抵抗値の変化に置き換えられます。抵抗値の変化はアナログ出力信号に変換されます。 温度測定機能付きセンサは、液体温度も電気信号に変換します。TM03 4055 1406図2 センサ・チップが両面の圧力の影響を受ける構図センサ・チップシリコンの安定した特性により、センサ・チップを磨耗や破損から守ります。 長寿命のナノ・コーティング保護が、浸食性液体に対してもダイレクトに接液が可能な低コストな構造になっています。 このコーティングは、金属-ガラス合金コーティングSilicoat® で、腐食に対して耐久性があります。 保護されていない測定セルを液から保護するダイヤフラム構造を持った従来のセンサ技術に比べ、Silicoat® は、全製品寿命の期間を通して、温度120℃までの液体 (pH2 - pH11) からセンサ・チップを保護します。定義破壊耐圧最大許容圧力(ゲージ圧)センサー、またはトランスミッタを破壊しない 測定単位〔bar〕最大システム圧流量がゼロの時の最大許容静圧(ゲージ圧)52製品の紹介圧力センサ製品の紹介

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です