99383027_02
4/32

41特 長TM04 1635 2110図3 DDA, DDC, DDEデジタル注入™パワフルな可変速ステッピングモータ駆動のスマートデジタル定量ポンプは最先端科学技術により完成しました。専門知識と新しい特許技術の融合により、これから先の定量ポンプの標準がセットされました。従来からの同期電動機駆動やソレノイド(電磁)駆動のようなストローク長とストローク数の調節による定量ポンプコントロール技術は過去のものとなりました。表示操作部分を自由に移動可能ポンプに含まれるクリックストップ取付板(ワンタッチ着脱式)は据付の適応性を良くします。追加の付属品なしで3つの異なる向きでポンプを簡単に装着できます。ポンプのメンテナンスや交換のときには、クリックするだけでポンプを取付板から着脱できるので、簡単に、迅速に作業が行えます。DDAとDDCポンプに装備されるコントロールキューブは3つの異なる位置(前面、左側または右側)に簡単に付け替えることができます。TM04 1662 2610図4 コントロールキューブのモジュラリティ(取付自在性)ターンダウン(流量調節)比は1:3000*まで、電源電圧はワイドレンジの100~240V;50/60Hz、そしてコネクションセット及びその他の特長とを合わせて、モデル数を最小限にしています。* 機種により異なります正確で容易な設定/有用性と相互作用ポンプを容易に設置し、用途に応じた注入液量を正確に吐出するようにポンプを設定することができます。DDAポンプのディスプレイにはポンプの設定が直接読み出され、流量は㎖/h、ℓ/h、またはgph(ガロン/時)で示されます。クリックホイール(回転式プッシュノブ)と最大28カ国語の簡単テキスト表示を備えたグラフィカル液晶ディスプレイ(LCD)により、簡単なスタートアップと操作が可能になります。LCDは異なる色のバックライトを備え、離れた位置からポンプの状態を確認することができます(交通信号と同様のコンセプト)。60.0 l/h手動60.0l/h運転TM06 7330 3316図5 DDA、DDCのディスプレイ様々な運転モード、信号入出力によって、すべてのプロセスにポンプを容易に組み込むことが可能です。先進的な機能による信頼性向上特殊な駆動およびマイクロプロセッサ制御により、ポンプが高粘性の液体または脱気液を供給する場合にも、正確な、かつ低脈動での注入が確保されます。例えばエア噛みなどに起因する不具合は、流量制御システムによって迅速に検出され、アラームメニューに表示されます。自動流量調整機能は、変動する背圧などのプロセス条件に従ってポンプを自動的に調整します。組み込まれた流量測定機能により、追加の監視装置や制御装置は不要です。コスト削減に貢献する設計定量ポンプ据付時のコストは、薬品コストまで含めたそのポンプのライフサイクルコスト(機械の寿命終了までにかかる費用)に比較して小さいのが一般的です。次のようなスマートデジタル定量ポンプDDAおよびDDEの特長はポンプのライフサイクルコスト低減に貢献します。・ 高い注入精度と流量調整機能により過少注入、過剰注入がない。・ オールPTFEダイヤフラム採用でその高い耐薬品性によりメンテナンス間隔がより長く取れる。・ 最先端駆動技術によりエネルギー消費量を削減できる。概 要スマートデジタル定量ポンプDDA, DDC, DDE概 要

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る