97614382_10
4/16

ポンプー インペラの水圧最適化ー 比速度の最適設計回転回転矢印=速度色=圧力緑 ̶ 黄 ̶ 橙 ̶ 赤小 大()100123m3/h45203040506070インペラとネックリングのギャップが0のとき(論理値)インペラとネックリングのギャップが0.1mmのときインペラとネックリングのギャップが0.3mmのときポンプ効率(%)設備費として最も高価なものは電気代です。この単純な事実は見逃されやすいものです。ポンプの購入費用と保守点検費用を合わせても、ポンプのライフサイクルコストのうち約15%足らずであるという事実に驚かれる方も多いことでしょう。ポンプのライフサイクルコストの85%がランニングコストなのです。ですから、グルンドフォスのCRはエネルギー効率に焦点を当て、消費コストの低減に注目して開発されています。高効率インペラの採用乱流と摩擦損失を低減し、効率的な水の流れを実現する高効率インペラを採用し、水力学エネルギーロスを最大限まで削減。更なるランニングコストの低減を実現しました。フローティングネックリングの採用でポンプ内部液漏れを低減チャンバーとインペラ間の0.1mmの隙間よってポンプ効率は5%下がります。これを防ぐ為、グルンドフォスではチャンバー間にフローティングネックリングを採用し、内部液漏れを最低ラインまで削減しました。ランニングコストの低減CR(N) 1~10CR(N) 15~20CR(N) 32~90*CR(N)15~90は3次元インペラ(レーザー溶接型)採用フローティングネックリングCR 3GRUNDFOS

元のページ 

page 4

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です